ブランド品の並行輸入品について知っておこう

ブランド品の正規品と並行品の扱いは結構違います。定価はすごく高いのに並行品がビックリ仰天の低価格売られて至りするので気を付けましょう

ブランド買取と並行輸入のメリット

正規品と並行品の違いとはどういったものでしょう

正規品はまず梱包や収納バックなどがしっかりとしているので、商品の扱いがとても丁寧な方が多いです。

並行品だと、お値段は少し安いのでお求め安くはありますが梱包が雑だったります。

商品自体の価値はほとんど変わりませんが、ブランド買取査定の時点で差が出るような気がします。

扱い方に差が出るようですね。

ブランドの買取はとても気を使います。

並行品は、日本では全く見ることのない商品もたくさんありますのでとても勉強になります。

並行品ですと、限定もたくさん見ることができます。

やはり。

安心感を求めて正規品にこだわる方も多いのは確かで、どちらかというと年輩の方がそういう傾向にあるような気がします。

中国の人が日本で買いもをしていくようなイメージですね。

どちらにしても、満足感や自分のモチベーションを上げるために持たれている方が多いです。

中には見栄を張って!っという方もいますが、よくそんなに見栄を張るお金を使うな~という感じです。

ブランドが好きな方は、知らず知らずのうちに目がとても超えます。

ウィンドウショッピングもとても気持ちが穏やかになりますよね!

並行輸入のお得感とブランド買取

価格があることをご存知ですか?ブランド買取店は、この辺、シビアにチェックします。

ブランドの買取査定は本当細かく設定がされています。

質や、売れ筋商品の見極め、材質まで子細かくチェックをする必要があります。

結構大変なんです。

正規品と並行輸入の金額が何故こんなに違うかといいますと、現地で購入したものを日本に持ってきて販売をしているのです。

バイヤーという言葉をご存知ですか?買い付けのお仕事です。

ブランド買取と同じようなお仕事ですね。

ブランド買取の頂点です!インターネット上で安価に販売をしているお店もたくさんあり、こういうところは並行輸入の商品が多いです。

最近は円高なので、海外で買いものをするととても安価に購入することができます。

こういう時は、バイヤーが海外に行って、現金で商品を購入してきます。

ユーロが安い今は、驚くような安い金額でエルメスが買えたりするんですよ。

実際の商品は同じなので、どちらでもいいという人も多いですが安心して利用をした。

一生使うものだから・・という人は正規品の購入をするのがいいと思います。

ブランドの買取り前に正規品か並行輸入品かチェック

ブランド品を買取りに出す前に、ちょっとチェック。

国内の直営店で購入したものと並行輸入品では、同じブランドの同一のデザインでも、買取価格が変わることがあります。

これはギャランティカードの有無だけでなく、直営店で購入した時には在庫管理システムなどに履歴が残るため、様々なアフターサービスの保証を受けることができる付加価値があります。

並行輸入品の場合、それらが海外の店にあるため、日本の直営店に持ち込んでも保証が受けられないことがあるのです。

ここが、ブランド品を買取に出して査定してもらった時の金額に影響します。

各国に直営店のあるブランドは、「その国での定価」を設定しています。

直営店や正規の代理店による「正規品」の販売は、この定価を守ることが契約で義務付けられています。

ところが並行輸入の場合、安い定価が設定されている国から輸入することで、日本の定価より安く販売できるのです。

しかし、代わりに高級ブランドの最大の売りである保証が受けられないという難点を抱えています。

保証書を見ればどちらであるかはすぐに分かりますので、もし状態がいい並行輸入品の場合、ブランド品の買取業者に依頼せず、自分でオークションに出すというのもひとつの手です。